【常時SSL化】「.htaccess」に「http→https」の301リダイレクト設定をする方法(エックスサーバー)

※この記事では、エックスサーバーで「SSLサーバ証明書」を発行し、WordPressのサイトアドレスを変更した前提で進めていきます。
全てのページをSSL化するため、「http://」から「https://」にリダイレクトするように設定します。
「http」と「https」は別のサイトとして扱われるため、リダイレクトにより3つの効果が得られます。

  • 「https」が「http」のコピペサイトではないと認識してもらう
  • サイトを「https」に統一してユーザーのアクセスを集める
  • 「http」でインデックスされている検索エンジンの評価を「https」に引き継ぐ

それでは、設定をしていきましょう。

「常時SSL化」の参考記事

なぜ「常時SSL化」をしなければいけないのか?
仕組み、重要性、メリット・デメリット、いつ移行すべきか、については下記を参考にしてください。
常時SSL化(https)のメリット・デメリットまとめ。あなたのサイトもいつかhttpsに移行することになるかも!?
「常時SSL化」をする方法は、下記にまとめてありますので参考にしてください!
「常時SSL化」をする方法 まとめ。(エックスサーバー)

エックスサーバーの「.htaccess」に「http→https」301リダイレクトの記述をする方法

まず、下記からエックスサーバーにのサーバーパネルにログインします。
エックスサーバーのサーバーパネル
右カラムの「ホームページ」内の「.htaccess編集」をクリックします。↓
2.右カラムの「ドメイン」内の「.htaccess編集」をクリックします
ドメイン選択画面で、リダイレクトするドメインを選び、「選択する」をクリックします。↓
3.ドメイン選択画面で、リダイレクトするドメインを選び、「選択する」をクリックします
「.htaccess編集」画面で、
「.htaccess編集」をクリックします。
②「.htaccess」入力部分の「FCGIWrapper “/home/サーバー名/ドメイン名/xserver_php/php-cgi” .phps」の後、(「手順9」「HSTS Preload Submission」を先に設定した場合は「Header set Strict-Transport-Security “max-age=31536000; includeSubDomains; preload”」の後)、「# BEGIN WordPress」の直前に、下記をコピペします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

これは「httpへアクセスすると、httpsにリダイレクトしますよ」という役割になります。
③全て入力したら、「.htaccessを編集する(確認)」をクリックします。
ページが切り替わったら、「.htaccessを編集する(確定)」をクリックします。↓
4.「httpへアクセスすると、httpsにリダイレクトしますよ」という役割になります
これで、エックスサーバーの「.htaccess」に「http→https」301リダイレクトの記述ができました。
実際にブラウザのアドレスバーに「http://ページURL」を入力すると、「https://ページURL」にページが切り替わります。

まとめ:301リダイレクトの設定はプラグインではできない

全ての記事をリダイレクトさせるプラグインもありますが、「常時SSL化」では使えません。
素直に「.htaccess」に、「http→https」301リダイレクトの記述をしましょう。

「常時SSL化」の参考記事

「常時SSL化」をする方法は、下記にまとめてありますので参考にしてください!
「常時SSL化」をする方法 まとめ。(エックスサーバー)
この記事では「手順3」、301リダイレクト設定をする方法を行いました。
「手順4」の、内部リンク、画像の参照元の修正をする方法は、下記を参考にしてください。
【常時SSL化】「Search Regex」画像URLを「http→https」に一括置換する方法【WordPressプラグイン】
以上、
【常時SSL化】「.htaccess」に「http→https」の301リダイレクト設定をする方法(エックスサーバー)
でした。
お疲れ様でした(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました