テーマのインストールと子テーマの使用方法【STINGER PLUS+】

02.テーマのインストールと子テーマの使用方法【STINGER PLUS+】

~テーマを編集するなら、子テーマをインストールしよう!~

WordPressを色々カスタマイズをしていく際に、まず初めにやっておきたいこと、テーマのインストールと子テーマの使用方法を紹介します。

親テーマ、子テーマとは?

まず、親テーマ子テーマについて簡単に説明します。
親テーマというのは、「STINGER PLUS+」のようにWordPressで使用する「テーマ」そのものです。
WordPressをインストールした時にデフォルトで入っている「Twenty Sixteen」なんかも、テーマの1つです。
テーマを有効化(変更)することで、簡単にサイトのデザインを変えれます。
WordPress初心者始め、多くの人は誰かが作ったテーマを使用しているかと思います。
ですがそのテーマ、いつまでも使えるとも限らず、いつまでも同じバージョンではありません。
WordPressやプラグインは定期的にアップグレードするため、不具合等でテーマが動かなくなる場合があります。
そこでテーマの製作者さんが、テーマの不具合を修正したり機能を追加した時などに新しいバージョンを公開してくれることがあります。
私達は新たなテーマをインストール、アップデートすることで修正後の、最新の状態にできるのですね。
ありがたいことです。
でもテーマをアップデートすると、テーマを直接カスタマイズしていた場合、その内容も上書きされてしまいます。
アップデート後に、また最初から全てやり直さないといけません。
面倒なことこの上なしです。
そこで、とっても大変なカスタマイズを最初からやり直さなくてもよい、超便利なのが「子テーマ」なのです!
デザインとか色々カスタマイズしたい!という人は、ぜひ導入しましょう。

親テーマ、子テーマのダウンロード

※この記事では、ENJIさん作成の「STINGER」を例にして説明します。
その他のテーマでも、子テーマのインストール、有効化方法は全て同じです。
まずはテーマをダウンロードしましょう。
以下のSTINGERを提供してくださっているENJIさんのサイトにいって、任意のフォルダにダウンロードします。↓
ダウンロード及び規約 無料WordPressテーマ STINGERのダウンロード
1.親テーマ、子テーマのダウンロード

テーマのインストール

「STINGER PLUS+」本体(親テーマ)のインストール

WordPress管理画面のメニューから「外観→新規追加」をクリック↓
2.Add a new theme
次に「テーマのアップロード」をクリック↓
3.アップロードテーマ
ダウンロードした「stingerplus」解凍せずにZIPフォルダのまま選択して「今すぐインストール」をクリック↓
4.今すぐインストールをクリックします
インストールできたら「有効化」をクリック↓
5.「有効にする」をクリックします
これで「STINGER Plus+」の親テーマのインストールは完了です。

子テーマのインストール

子テーマも親テーマと手順は同じです。
ダウンロードした子テーマのZIPフォルダ「stingerplus-child」解凍せずに選択して「今すぐインストール」をクリック。
インストールできたら「有効化」をクリックします。↓
6.「有効化」をクリックします
これで子テーマもインストール完了です。
管理画面メニューの外観をクリックすると、追加した「stingerplus」「stingerplus-child」が表示されていると思います。↓
7.テーマの確認

子テーマの使用方法

子テーマは「有効化」した時点ですぐに使用可能になっています。
製作者様に感謝です。
管理画面メニューから「外観→テーマの編集」をクリックすると、こんな画面になっています。↓
8.子テーマの編集
編集するテーマを選択が「stingerplus child」になっています。
今後、スタイルシート等を編集する際は、「stingerplus child」を変更するようにします。
初期状態では「functions.php」と「style.css」しかありませんが、親テーマからコピーしたファイルを子テーマのフォルダに入れることで、他のファイルも子テーマで編集できるようになります。
親テーマをアップデートしても、編集した内容は保存されるようになります。

まとめ:テーマを編集する時は、子テーマを編集しましょう!

テーマがアップグレードされても、子テーマがあれば安心です。
テーマを編集するなら、ぜひ子テーマをダウンロード、設定しましょう!
以上、
テーマのインストールと子テーマの使用方法「STINGER PLUS+」
でした。
お疲れ様でした(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました